スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOMORROW


無理だと思ってたんですが、週末に勝手にLV88を迎えました。
転生まで後1レベル・・・・
色々悩んだのですが、急に気持ちが変わらない限り、仙に転生しようと思います。
 
ここ最近、合間見て頑張ってクエを消化していたせいかLV87までのクエはほぼ終わりました!
一番やっかいだったのが龍宮の内丹クエですが、ちょうど頑張ってこなしていた時にササが来ました。


再々挑戦


相手 : 龍宮のクエ手伝おうか?そろそろ・・・
 
私 : そろそろってなに・・・・!w
 
どうやら、日々死にながらやってるのを見るに見かねた?ような様子で。
強力な助っ人登場で、あっという間に終わる事ができました。
ついでにハデスキングもやっつけて頂きましたw ありがとう~感謝感謝です♪

 

週末ですが、アニタヤのクエを持つ3人が、魔女様のお供をして軽くひねって頂きました。
 

魔女様壁
 

いつでもこい 

 
日本語で・・・




再び1-3ループ。9周?回って来ました。
 

1-3ループ
 

でも楽しいよ?
 

クドロお手伝い
 
クドロ



 


そして・・・・・・・・・
 






ここにいる理由Part2





ただの人
 



 
私がここにいる理由はたった一つ・・・・。



 
ここが好きだから。



 
どうしてもそこに辿り着くんです。
何をどう考えても、自分の思いなんてたった一つなんですね。
私は、自分の気持ちに素直に進んで、ここを選んで、
ここに居たいからここにいる。だから居させて欲しい。すごく単純な気持ちなんです。

 
そして、ここを選んでここに居る以上、ここからも自分が選ばれる存在で居たいと思っています。
 
何に置いても、求める側、求められる側のバランスって大切だと思うんです。
 

今回の事で、私や他の方以上に一番悩まれ、一番苦しまれた方は・・・・
私も前のゲームでは、同じ立場にいたものですから痛いほど気持ちはわかります。
一人も欠くこと無くゆっくりと進んでいけたら・・・・
その思いがある故に、身を切られる思いだったであろう事はほんとに・・・。
メンバーの「脱退」よく見られる2文字ですが、
私がその立場にあった時、システムログに流れるだけで胸を締め付けられる思いでした。
たったの2文字ですが、その影で色々考えます。
少しは楽しかっただろうか、何が満足しなかったのだろうか・・・
色々考えた後で沸き起こってくるのは、
あなたにとって心地いい環境が、ここで得られなくてごめんね。っていう思いです。
もうそれはそれは・・・すごく苦しい感情です。
ただのサブキャラの入替であったとしても、その文字を見るたびに今もドキッとする自分も居ます。
これはもう以前の立場のトラウマのようなものです。
またね^^ って笑って言った言葉の裏には、計り知れない苦しい思いもあるんです・・・。
それをわかりながら、全部踏まえて、あえて決断する。
なぜ・・・・?


あくまで私の勝手な視点ですが
「組織と個人のバランスの良い関係」を追求していくと行き着く先は
今回の事なんじゃないかなって思うんです。
ここに居る理由が、なんとなく~とか、誘われたから~とかじゃなくて
自分が選んでここに居るんだっていう気持ちがある以上、自分をとりまく環境を大切にします。
大切にしたら大切にされる。必要としたら必要にされる。
その絶妙なバランスを保ちながら、一緒に成長していったものってすごいパワーがあるんですね。
そのパワーがいつしか、かけがえのない喜びにも変わるんです。
それが 輪 なんだと思うんです。
 


たかがゲームなのにってよく言われる言葉ですが
ゲームだけど、真剣に遊ぼう、真剣に楽しんで行きたいって私は思います。
だって、リアルと同様に中に居るのはみんな人間なんですから。
パソコンの電源を入れると、リアルとは違う仲間も居て一緒に楽しんでいるんですから。

 
心からの思いを一言、言葉にすれば
 

りざください

 

どうぞこれからもよろしくお願いします。
 
 






スポンサーサイト

コメント

Secre

Plofile

 Shuha

Author: Shuha
 
PerfectWorld  ベテルギウス

Name : 珠葉
 
Job : 精霊
 
Guild : あの空の彼方へ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。